最近、コンタクトレンズ、特に「使い捨てソフトコンタクトレンズ」使用者の
眼障害が増えています。
安全にコンタクトを使用するためには下記の点にご留意ください。
-------------------------------------------------------------------------------------
1) 1日の装用時間を守り、長時間になるときはメガネを併用する。

2) コンタクトレンズをつけたままで寝ない

3) コンタクトレンズの洗浄・消毒を十分に。

4) 使用期限を守る。

5) 眼に「痛みや充血、異物感」などの自覚症状を感じたら、
    すぐに使用を中止して眼科受診を。


6) 眼のトラブルや自覚症状がなくても、
    3か月に一度は眼科で定期検査を。

-------------------------------------------------------------------------------------

# コンタクトによる眼障害
は、
      「アレルギー性結膜炎」
(充血、かゆみ)
      「点状表層角膜症」
角膜表面に細かい傷が付く)
      「角膜上皮びらん」
(角膜上皮がはがれる)などがあります。

  
特に、角膜の傷は、早めに治療しないと傷口から細菌が侵入し、
       角膜潰瘍
を起こして失明に至る可能性もあります。