手術は,全身状態が良好ならば可能です。
・・・・・・・・ 水晶体の濁る原因が老化現象によるものです。
初期には目薬を使うこともありますが,
ほとんどの場合白内障の進行は止めることができません。
【治療】
診察時間
はくないしょう
老人性白内障
カメラのレンズの役割をする水晶体が濁っている状態をいいます。
40歳頃より水晶体の周辺部に濁りが生じ,
年をとるとともに中心部に向かって拡がります。
60歳代では 70%の人に,70歳代 90% の人に,80歳代ほぼ全員にみられます。
発症年齢・頻度】
白内障が進行して,見えにくくなり生活に不便を感じた時が手術の時期です。
手術は,濁った水晶体を取り除き,代わりに眼内レンズを挿入する手術です。
【 原因 】
老人性
全身病に伴うもの・・・・糖尿病,アトピーなど



老人性白内障

当院での白内障手術の詳細は,白内障手術のご案内をご覧ください。
併発・・・・他病気併発するもの
【症状】
外傷性
先天性
初期には,症状はほとんどありません。
進行すると,「すりガラス」を通して物を見る状態になり
かすんで」見えるようになります。
薬の副作用によるもの
また,緑内障,眼底・視神経の病気,角膜の病気などがあっても
少しでも視力がよくなる可能性があれば手術をお勧めしています。
上へ